メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米キューバ首脳会談

「新たな日」 関係正常化を推進

 【ハバナ和田浩明】キューバを訪問中のオバマ米大統領は21日、首都ハバナの革命宮殿でラウル・カストロ国家評議会議長と会談し、両国の関係正常化を一層推進することで一致した。会談後の共同記者会見でオバマ氏は、半世紀以上の断交から国交回復に踏み出した両国に「新たな日」が来たと宣言し、経済制裁の緩和や人的交流の拡大を続ける意向を表明。カストロ氏も「両国の幸福のため前進を続ける」と言明した。人権問題で対立している政治分野よりも、経済分野を先行させる形で関係改善に弾みをつける見通しだ。

 両国は21日、環境・海洋保護や農業分野で覚書を交わしたほか、通信分野での協力でも進展があった模様だ…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです