メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米キューバ首脳会談

「新たな日」 関係正常化を推進

 【ハバナ和田浩明】キューバを訪問中のオバマ米大統領は21日、首都ハバナの革命宮殿でラウル・カストロ国家評議会議長と会談し、両国の関係正常化を一層推進することで一致した。会談後の共同記者会見でオバマ氏は、半世紀以上の断交から国交回復に踏み出した両国に「新たな日」が来たと宣言し、経済制裁の緩和や人的交流の拡大を続ける意向を表明。カストロ氏も「両国の幸福のため前進を続ける」と言明した。人権問題で対立している政治分野よりも、経済分野を先行させる形で関係改善に弾みをつける見通しだ。

 両国は21日、環境・海洋保護や農業分野で覚書を交わしたほか、通信分野での協力でも進展があった模様だ。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです