メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「地獄花」主演の鶴田浩二と京マチ子のサイン入りこけし。馬場正男の宝物だ

 日本初のビスタビジョン映画「地獄花」の撮影は、1957年4月に始まった。大映京都の「大御所」伊藤大輔監督、撮影は2班態勢で、俳優の芝居を撮るA班が中川芳久、実景撮影のB班は京都の相坂操一。セットに付いた馬場(ばんば)正男は、まずそのカメラの異様に驚かされた。

 「大きいからカメラ何人もで持たなあかん。移動なんて、普通のやつではもたんさかいに、撮影部の助手が4、5人ついてた。でも手伝いはしなかった、落としたらかなわんから。ワッパ(フィルムロール)が横向きやったな」

 ビスタはフィルムのマガジンを水平に装着してフィルムを縦ではなく横に送り、35ミリフィルムの2コマ分…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです