メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野菜切れ端、再生に挑戦 水に浸し日光を。食べられるインテリア

ニンジンのへたの切れ端

 料理で使った後に残る野菜の切れ端。水に浸しておくと、種類によっては、切れ端から葉や茎が伸びて再び食べられるようになる。ガーデニングカウンセラーの岡井路子さんに、育て方のコツを聞いた。

 野菜の切れ端を水に浸して再生させる栽培は「リボーン・ベジタブル(再生野菜)」と呼ばれる。栽培のポイントは根が残っていること。根部分に残った養分を使って葉や茎が再び伸びる仕組みだ。スーパーの生鮮品売り場などで売られている野菜は、根が切られているものも多い。再生野菜に挑戦する時は、根が付いているものを選んで購入する。

 岡井さんのおすすめは、比較的育てやすく葉がすぐに伸びる小ネギや根ミツバ、セリ。ニンジンなどの根菜も…

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1356文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです