メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野菜切れ端、再生に挑戦 水に浸し日光を。食べられるインテリア

ニンジンのへたの切れ端

 料理で使った後に残る野菜の切れ端。水に浸しておくと、種類によっては、切れ端から葉や茎が伸びて再び食べられるようになる。ガーデニングカウンセラーの岡井路子さんに、育て方のコツを聞いた。

 野菜の切れ端を水に浸して再生させる栽培は「リボーン・ベジタブル(再生野菜)」と呼ばれる。栽培のポイントは根が残っていること。根部分に残った養分を使って葉や茎が再び伸びる仕組みだ。スーパーの生鮮品売り場などで売られている野菜は、根が切られているものも多い。再生野菜に挑戦する時は、根が付いているものを選んで購入する。

 岡井さんのおすすめは、比較的育てやすく葉がすぐに伸びる小ネギや根ミツバ、セリ。ニンジンなどの根菜も、へた部分を水に浸せば葉が伸びてくる。「小ネギやミツバは、おみそ汁や冷ややっこ用に少し薬味が欲しいとき、必要な分だけを切り取って使うことができて便利。ニンジンの葉もさわやかでくせがなく、サラダなどに使うことができます」と岡井さんは話す。

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです