メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
確かな食べもの

辰巳芳子さんと生産者 卵 独自のえさでぷるっと濃厚 兵庫県丹波市・河南一夫さん(84)

カンナンファーム

河南(かんなん)一夫さん

 山道を30分も走ると、山あいに大きな空間が広がる。1万3000平方メートルの敷地に大小7棟の鶏舎が並び、すぐわきを竹田川が流れる。「蛍の里」と言われる丹波の山奥で「カンナンファーム」(兵庫県丹波市春日町栢野(かやの))の卵は育まれている。

 社長の河南一夫さん(84)は「子どものころ食べていた卵の味を再びよみがえらせたい」と四十数年にわたり、試行錯誤を重ねてきた。

 先代は卵の卸屋を営んでいた。「私が子どもだった戦前のころは、卵は貴重品でした。白身が透明で、黄身も…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1195文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです