小説創作ソフト

星新一賞、受賞には至らず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

4作応募し、一部は1次審査を通ったが…

 小説創作ソフト「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」の開発を進めている公立はこだて未来大学の松原仁教授らは21日、星新一賞(日本経済新聞社主催)に4作応募し、一部は1次審査を通ったが受賞には至らなかったと発表した。囲碁ソフト「アルファ碁」がプロ棋士を降すなど、盤上ゲームでは力を発揮した人工知能(AI)だが、小説ではまだまだ力不足のようだ。

 星新一賞は3次にわたる中間審査を経て最終候補を選び、最終審査会が開かれた。応募したのは「作家ですのよ」が書いた「コンピュータが小説を書く日」「私の仕事は」の2作と、鳥海不二夫・東京大准教授がプロジェクトリーダーを務める「人狼知能プロジェクト」による「汝(なんじ)はAIなりや?TYPE−S」「同TYPE−L」の2作の計4作。どれが1次審査を通ったか主催者は明らかにしていない。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文737文字)

あわせて読みたい

注目の特集