メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

業務スーパー

「神戸物産」が2億8000万円の所得隠し

 全国で「業務スーパー」を展開する「神戸物産」(本社・兵庫県稲美町)が大阪国税局の税務調査を受け、2014年10月期までの3年間で約2億8000万円の所得隠しを指摘されたことが同社への取材で分かった。重加算税を含む法人税や地方税の追徴税額は1億数千万円の見込みで、神戸物産は既に修正申告している。

 神戸物産によると、国税局は香港の子会社を、低税率国を利用した租税回避を防ぐ「外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)」の…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 紀の川小5刺殺事件 /和歌山
  2. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 10代の自殺、昨年32人増加 全体では9年連続減り2万840人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです