鉄道トラブル

オーバーラン隠ぺい!? JR北運転士、客にも会社にも告げず /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR北海道は22日、七飯町の函館線流山温泉駅で、普通列車の運転士がオーバーランしたにもかかわらず、ドアを開けないま発車し、会社にも報告を怠っていたと発表した。乗客から本社へ苦情があり、社内調査で発覚した。

 JR北によると、20日午前9時半ごろ、流山温泉駅で、大沼発森行き普通列車(1両編成)が停止位…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集