メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

住宅地2.9%上昇 2年連続全国1位 /福島

県内の商業地で最高価格となった郡山市駅前1周辺

 国土交通省が22日公表した今年の公示地価で、県内の住宅地の平均変動率は前年と同じく2・9%上昇し、2年連続で上昇幅が全国で1位となった。商業地と工業地も含めた県内の平均変動率は2・4%上昇して3年連続プラスとなったが、全国では昨年1位から2位に順位を落とした。昨年9月に避難指示が解除された楢葉町では今年から調査を再開。5年前と調査地点を変更したものの、調査を担当した不動産鑑定士は「価格は震災前と比べ大きくは下がっていない」としている。【小林洋子】

この記事は有料記事です。

残り1399文字(全文1625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです