メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知岐阜県境

シマウマ逃げた、ゴルフ止めさせた!

国道脇の山道で遭遇した逃走中のシマウマ。このあとゴルフ場に逃げ込んだ=愛知県瀬戸市片草町で2016年3月23日午前6時31分、小林哲夫撮影

 22日午後7時20分ごろ、愛知・岐阜県境にある総合農場「三国ウエスト農場」(愛知県瀬戸市片草町)で飼育中のシマウマ1頭が逃走したと、飼い主の男性(43)から岐阜県警多治見署に通報があった。23日朝、約1キロ東にある同県土岐市のゴルフ場内で目撃され、同署員らがゴルフ場の営業を中止して捕獲を試みている。

 同署や農場によると、シマウマは体高1.2メートル、体重約200キロの2歳の雄。飼い主で、移動動物園を経営する男性が農場に飼育を委託していた。22日午後5時半ごろ、農場が経営する乗馬クラブに搬入され、パドックに入ったところ、興奮して走り出し、一部木製の柵(高さ約1.5メートル)を踏み倒して逃走した。農場は三国山(標高701メートル)の山頂近くにあり、山頂に向かって逃げたという。

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです