愛知岐阜県境

シマウマ逃げた、ゴルフ止めさせた!

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国道脇の山道で遭遇した逃走中のシマウマ。このあとゴルフ場に逃げ込んだ=愛知県瀬戸市片草町で2016年3月23日午前6時31分、小林哲夫撮影
国道脇の山道で遭遇した逃走中のシマウマ。このあとゴルフ場に逃げ込んだ=愛知県瀬戸市片草町で2016年3月23日午前6時31分、小林哲夫撮影

 22日午後7時20分ごろ、愛知・岐阜県境にある総合農場「三国ウエスト農場」(愛知県瀬戸市片草町)で飼育中のシマウマ1頭が逃走したと、飼い主の男性(43)から岐阜県警多治見署に通報があった。23日朝、約1キロ東にある同県土岐市のゴルフ場内で目撃され、同署員らがゴルフ場の営業を中止して捕獲を試みている。

 同署や農場によると、シマウマは体高1.2メートル、体重約200キロの2歳の雄。飼い主で、移動動物園を経営する男性が農場に飼育を委託していた。22日午後5時半ごろ、農場が経営する乗馬クラブに搬入され、パドックに入ったところ、興奮して走り出し、一部木製の柵(高さ約1.5メートル)を踏み倒して逃走した。農場は三国山(標高701メートル)の山頂近くにあり、山頂に向かって逃げたという。

この記事は有料記事です。

残り68文字(全文409文字)

あわせて読みたい

注目の特集