熊本大

研究室流しにポイ! 遺伝子組み換えウイルスは?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本大は23日、遺伝子組み換えウイルスを含んだ可能性のある廃液を適正に処理せずに捨てたと発表した。ウイルスは病原性や増殖性が欠如し、周辺環境への影響はないとしている。

 熊大によると、熊本市の大学院生命科学研究部の研究室で2月26日、実験中にウイルスを遠心分離した後の上澄み液約50ミリリットルを誤って流しに廃棄…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集