鴻海

出資2000億円減…シャープ買収交渉で要求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鴻海精密工業の郭台銘会長(中央)=大阪市阿倍野区で、宮武祐希撮影
鴻海精密工業の郭台銘会長(中央)=大阪市阿倍野区で、宮武祐希撮影

 経営再建中のシャープに買収を提案している台湾の電子機器受託製造大手、鴻海(ホンハイ)精密工業が、当初4890億円としていた出資額を2000億円程度引き下げる意向をシャープに伝えていたことが22日分かった。シャープの財務状況などを再精査した鴻海は、企業価値が想定より低いと判断した模様だ。シャープと主力取引銀行のみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行は減額幅を1000億円程度にとどめるよう求めており、詰めの交渉が続いている。

 鴻海は、1株118円とした買い取り条件を下げるか、第三者割当増資で引き取る株数を減らすことで出資額を引き下げたい考え。主力取引銀行が持つ優先株1000億円の買い取りは、実施の先送りを求めている。契約不履行時の保証金1000億円については予定通り拠出する。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文580文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集