相模原児相

虐待通報、所内で放置…一時保護検討せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
通所していた中学生の自殺について記者会見する鳥谷明・相模原市児童相談所長(左)=相模原市中央区中央2の相模原市役所で2016年3月22日午前9時40分ごろ、高橋和夫撮影
通所していた中学生の自殺について記者会見する鳥谷明・相模原市児童相談所長(左)=相模原市中央区中央2の相模原市役所で2016年3月22日午前9時40分ごろ、高橋和夫撮影

 両親から虐待を受けて相模原市児童相談所(児相)に保護を求めた中学2年男子生徒が自殺を図り、今年2月に死亡していた。2014年10月下旬には、生徒が通う中学の教師から「男子生徒が親から暴行された」と児相職員が連絡を受けたにもかかわらず、所長ら上司に報告していなかったことが分かった。

 同児相の鳥谷明所長は22日午後の記者会見で「情報を共有して一時保護の判断を検討すべきだった。きちんと検証しなければならない」と釈明した。

 同児相によると、13年11月、生徒の額や顔の傷に当時通っていた小学校の教師が気付き、同市の中央子ども家庭相談課に通報。同課は生徒に面談した。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文779文字)

あわせて読みたい

注目の特集