メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

「サムい音楽業界をあったかく」指揮者、岸本さんの挑戦

演奏会の直前練習でアマチュアオーケストラを指揮する岸本さん=東京都江戸川区の小岩アーバンプラザで2016年2月11日

 ファン層が高齢者を中心に固定されている……そんな「サムい音楽業界をあったかくしたい」と、指揮者の岸本祐有乃(ゆりの)さん(42)=洗足学園音楽大講師=が、さまざまな試みで業界に新風を吹き込んでいる。東大博士課程から東京芸大指揮科に転じた異色の経歴の持ち主だが、ウィーン国立音大でも学び、昨秋スペインで開かれたコルドバ国際指揮者コンクールでは3位入賞を果たすなど、実力は折り紙付き。演奏の練習に「子ども同伴」を勧め、演奏会では曲の合間に寸劇で曲目紹介、演奏者が観客に交じって交流する――。こうした活動により「ステージと客席の距離を縮め、若い人も演奏会に足を運んでもらいたい」と意気込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです