メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

(1)体験(2)気づき(3)普遍性=近藤勝重

 就活中の学生たちから作文の書き方についてよく聞かれる。今春まで早稲田大大学院で7年にわたって「文章表現」の授業のお手伝いをしていたからだが、ぼくなりにおすすめできるのは次の3点に留意した文章法だ。

 (1)体験(2)気づき(3)普遍性

 (1)の体験では自分の身に降りかかったことや見聞きしたことを、(2)の気づきでは(1)の体験を通してわかったことを、(3)の普遍性ではその気づきと社会のありようとがどう関わり、通じ合っているかを、それぞれ書いていただきたい。

 拙著「必ず書ける『3つが基本』の文章術」で学生たちの作文例を掲載したが、書くべき(1)(2)(3)…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. ミス連発、まさかの最下位 紀平「調整ミス。体が動かなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです