メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デュアルレビュー

「最高の花婿」ショーヴロン監督/「この街の命に」緒方明監督

ショーヴロン監督

 ◆「最高の花婿」ショーヴロン監督

異人種間結婚を笑いに

 「生卵の上を歩く」という表現がフランスにある。異人種間の結婚のドタバタを描いたコメディー映画「最高の花婿」のフィリップ・ドゥ・ショーヴロン監督は民族間のギャップ、差別的なジョークも笑いのネタとして「結婚は笑いあり涙ありで、文化の違いを足せば最高の笑いの題材。笑いは社会問題、メッセージを伝えるのに有効な武器だ」と強調する。

 4人娘が次々とアラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚、異文化への驚きと気遣いに疲れた夫婦。末娘がカトリッ…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです