メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デュアルレビュー

「最高の花婿」ショーヴロン監督/「この街の命に」緒方明監督

ショーヴロン監督

 ◆「最高の花婿」ショーヴロン監督

異人種間結婚を笑いに

 「生卵の上を歩く」という表現がフランスにある。異人種間の結婚のドタバタを描いたコメディー映画「最高の花婿」のフィリップ・ドゥ・ショーヴロン監督は民族間のギャップ、差別的なジョークも笑いのネタとして「結婚は笑いあり涙ありで、文化の違いを足せば最高の笑いの題材。笑いは社会問題、メッセージを伝えるのに有効な武器だ」と強調する。

 4人娘が次々とアラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚、異文化への驚きと気遣いに疲れた夫婦。末娘がカトリッ…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです