メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れとろ探訪

四ツ橋 /大阪

長堀川と西横堀川が交差する場所に作られた四ツ橋。それぞれ独自に名前を持っている=1961年1月5日撮影

 かつて大阪の町には数々の運河が張り巡らされていた。その中の西横堀川と長堀川が十字に交わった場所に「ロ」の形になった4本の橋があり、まとめて四ツ橋と呼ばれていた。東西を流れる長堀川が完成したのが1622年で、間もないうちに4本の橋が完成したといわれる。1657年に出版された最古級の大阪町絵図にも4本の橋がはっきりと描かれている。散策地として知られ、橋の上は納涼や月見をす…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです