メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 星組「こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…」 陽気な北翔ら、楽しさ満載 /兵庫

右からファルケ博士(北翔海莉)、アデーレ(妃海風)、アイゼンシュタイン侯爵(紅ゆずる)

 宝塚歌劇団星組が、宝塚大劇場でミュージカル「『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…』−ヨハン・シュトラウス二世オペレッタ『こうもり』より−」(脚本・演出 谷正純)を上映している。ヨハン・シュトラウス二世の傑作オペレッタをミュージカル化した。北翔海莉演じるファルケ博士を始めとした個性派ぞろいの面々が、楽しさ満載の物語を繰り広げている。【文・釣田祐喜、写真・山田哲也】

 舞台は19世紀後半のウィーン。ファルケ博士は、親友のガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン侯爵(紅ゆずる)と共に仮装舞踏会に出席し、帰り道ですっかり上機嫌となる。鬼の形相で妻が帰りを待つと知り、急に我に返るアイゼンシュタイン侯爵と違い、独身のファルケ博士は泥酔したまま。持て余したアイゼンシュタイン侯爵によって公園の彫像に縛り付けられ、こうもりの扮装(ふんそう)をしたまま一夜を過ごすこととなる。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです