メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1強に挑む

「民進」再出発/上 野党結集、道半ば 参院生活と統一会派案

野党結集をめぐる構図

 今月2日夜、東京都内で、民主党の岡田克也代表は生活の党の小沢一郎共同代表と会談した。小沢氏は「政権を取り戻すつもりがあるかどうかだ。覚悟がまず必要だ」と問いかけ、生活や社民党との本格的な連携を進めるよう迫った。しかし、岡田氏は明確には答えなかった。

 小沢氏がいらだったのは、民進党の結党で野党再編が一段落してしまうことへの危機感があるからだ。岡田氏に「安保法制廃止だけでなく、アベノミクスへの対決軸と脱原発も打ち出さないといけない」とも伝え、野党連携に向けた共通政策作りに応じるようにも求めた。

 民進党は党名とロゴマークを替え、党カラーも民主の赤から青に変更する。しかし、有権者の期待は低い。岡田氏も、さらなる野党結集の核になれるかが新党の命運を決するという認識は共有している。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. ORICON NEWS 『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです