メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
知りたい電力自由化

再生エネ主体業者 現状は少数、調達課題

再生エネ発電を主体とする新電力

 4月から家庭も電気の購入先を選べるようになるが、基準は料金だけではない。東京電力福島第1原発事故を受けた「脱原発」の世論が根強い中、「電気がどのように作られたか」にも関心が集まる。環境負荷の少ない太陽光など再生可能エネルギーを主体に販売する新規参入事業者(新電力)への期待は高いが、現状では十分出そろっているわけではない。

 「発電所の顔が見えるサービスを提供します」。販売する電気の約7割を太陽光で調達する予定の「みんな電…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文894文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです