メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <金融経済最前線>

金利がマイナスになること。預金の際、金利分をもらうのではなく、逆に支払う

 金利がマイナスになること。通常、お金を預けると金利が付いてその分の利息が得られるが、マイナス金利の下では、お金を預けると、逆にマイナス金利分を支払うことになる。超低金利時に短期金利がまれに瞬間的にマイナスになることがある。

 日銀は1月の金融政策決定会合で、このマイナス金利を金融政策として導入することを決定、2月16日から実施に踏み切った。金融機関が日銀に預ける当座預金の一部について、マイナス金利をつけるもの。当座預金の金利全体をマイナスにするのではなく、0・1%、0%、マイナス0・1%と3段階に分け、金融機関の収益が悪化しないよう配慮している。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです