メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
科学の森

ブラックホールの実像に迫る 存在予言100年、世界規模の観測計画進む

 アインシュタインの一般相対性理論からブラックホールの存在が予言されて今年で100年。光すら脱出できず観測は難しいが、謎に満ちたこの天体の実像に迫ろうと、さまざまな手段を使った計画が世界中で進められている。【河内敏康、須田桃子】

 「重力波初観測」−−。先月、国際研究チームが発表したニュースは、別の意味でも科学者を驚かせた。互いの周りを回りながら、最後に合体する二つのブラックホールの存在を初めてとらえていたからだ。「データを解析し直すまで信じられなかった」。京都大の中村卓史教授(宇宙物理学)は当時の興奮をそう振り返る。

 「ブラックホールほど人をワクワクさせる一方、謎の多い天体はない」と、大阪工業大の真貝寿明教授(同)…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1081文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです