欠陥自転車

損賠訴訟、大阪地裁で和解

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 乗っていた自転車のフレームが折れて大けがをしたとして、堺市に住む男性(28)が自転車メーカー「ビーズ」(東大阪市)に約1100万円の損害賠償を求めた訴訟が、大阪地裁(井上直哉裁判長)で和解した。14日付。ビーズ社が自転車の欠陥で事故が起きたことを男性に謝罪し、和解金750万円を支払う内容とみられる…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集