ピロリ菌

胃がん発症抑制の酵素発見 東大研究チーム

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 胃の粘膜に感染して胃がんを引き起こす細菌「ヘリコバクター・ピロリ菌」について、畠山昌則・東京大教授(感染腫瘍学)らの研究チームが、菌が出すたんぱく質の発がん性を弱め、胃がんの発症を抑制する酵素を発見したと英科学誌ネイチャー関連紙に発表した。この酵素を増やしたり、活発化させたりする物質が見つかれば胃がん予防薬の開発につながることが期待される。

 ピロリ菌は胃の細胞に取り付くと、針を差し込んで発がん性のあるたんぱく質を注入する。このたんぱく質は、細胞を増殖させる酵素「SHP2」と結びつき、異常に活発にすることで、がんの発症を促す。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文542文字)

あわせて読みたい

注目の特集