規制委

高浜1、2号機で原発40年ルール緩和

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原子力規制委員会は23日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県)について、今年7月7日が期限となっている運転延長のための法的手続きの要件を一部緩和することを決めた。蒸気発生器など1次系冷却設備が想定する地震の揺れに耐えられるかの確認作業を、期限後に先送りする。

 高浜1、2号機は同日までに安全審査の合…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文369文字)

あわせて読みたい

注目の特集