富士山噴火対策

静岡側避難マップ完成 6パターンを想定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 富士山で突発的な噴火が起きた際、登山客らが安全に避難するためのルートマップを静岡県が完成させた。24日に甲府市で開かれる富士山火山防災対策協議会で公表し、ホームページなどを通じて周知する。山梨県は昨年避難ルートマップを公表したが、静岡県側は初めて。

 過去数万年間に実際に起きた比較的小規模な噴火を基に、県は火口が生じた場所や溶岩流の流れ方などを分析し、6パターンに分…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集