メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

コラーゲンって何?の巻

飲んでも増えない 体内で生み出すためには食べ合わせが大事

[PR]

美容を目的としたコラーゲン配合のドリンクが人気ですが、本当に効果があるのでしょうか。千鶴さんも、お肌のためにとそうしたドリンクを買いに来たようです。 しかし実は、そんなドリンクを飲んでも、皮膚のコラーゲンが増えることはないのです。そもそも、コラーゲンって何でしょう? コラーゲンは、皮膚や腱(けん)などの組織を構成するたんぱく質で、体内にあるたんぱく質の約3割を占めます。そのうち約4割は皮膚にあります。 豚や鶏の軟骨や魚の皮などに多く含まれていますね。それらのコラーゲンを熱で変性したものがゼラチンです。
なぜ、体内にはたくさんのコラーゲンがあるのでしょう? その働きや役目は何でしょうか? コラーゲンには、細胞間の境界を作ったり、骨や筋肉を支えたりなど、組織同士を結びつける役目があります。骨の中のコラーゲンが減少すると柔軟性がなくなり、もろくて折れやすくなります。 コラーゲンは人間の角膜、皮膚、歯、血管、関節、骨などに含まれ、身体を支えるのに不可欠なたんぱく質なのです。 肌の構造は簡単に説明すると、次のようになっています。 角質層の下に顆粒層、有棘層からなる表皮があり、その下の基底層の更に下にヒアルロン酸や線維芽細胞、エラスチンなどのある真皮があります。その真皮にはコラーゲンも含まれます。 残念ながら、コラーゲンは加齢とともに減少していきます。
なぜでしょうか? 加齢とともに、肌もなぜ老化するのでしょうか? 若い頃はコラーゲン繊維が規則正しく並んでいますが、徐々に細胞がスカスカになってしまい、角質層から水分が出てしまうのです。コラーゲンが減少すると、しわやたるみが発生したり、動脈硬化や骨粗しょう症になるリスクも高まります。どうしたらいいのでしょう。 対策としては、コラーゲンの材料となる物を食べることが有効です。あれ? コラーゲン入りドリンクを飲んでも、肌のコラーゲンは増えないのでしたよね? それでも、意味があるのでしょうか?
確かに、コラーゲンを摂取しても消化の過程で数種のアミノ酸に分解され、体内に吸収されてしまうため、皮膚のコラーゲン作りに使用されることはありません。 しかし、体内で効率よくコラーゲンを生み出すにはビタミンCとたんぱく質を組み合わせて取ることが有効だと考えられるのです。 コラーゲンには肌のつやだけでなく、傷を治しやすくしたり、髪を太くしたり、爪を丈夫にしたりする効果もあると言われます。上手に守り、増やしたいものですね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです