メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛・伊方原発

1号機廃炉へ 老朽原発、採算取れず 四国電

 四国電力は25日の取締役会で、来年に運転開始40年となる伊方原発1号機(愛媛県伊方町)を廃炉にすることを決めた。国が定めた原則40年の運転期間を延長するには、1号機では1700億円超の安全対策費が見込まれ、同社は採算性がないと判断して再稼働を断念した。5月10日に廃炉にする。佐伯勇人社長は25日午前、愛媛県庁で中村時広知事と面会し、「工事費と運転可能期間などの観点から総合的に検討した」と説明した。【伊藤遥、橘建吾】

 伊方1号機は、出力56・6万キロワットの加圧水型軽水炉で、1977年9月に運転を開始した。運転延長するには、期限の1年前の今年9月までに原子力規制委員会に申請する必要があり、判断を迫られていた。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです