メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛・伊方原発

1号機廃炉へ 老朽原発、採算取れず 四国電

 四国電力は25日の取締役会で、来年に運転開始40年となる伊方原発1号機(愛媛県伊方町)を廃炉にすることを決めた。国が定めた原則40年の運転期間を延長するには、1号機では1700億円超の安全対策費が見込まれ、同社は採算性がないと判断して再稼働を断念した。5月10日に廃炉にする。佐伯勇人社長は25日午前、愛媛県庁で中村時広知事と面会し、「工事費と運転可能期間などの観点から総合的に検討した」と説明した。【伊藤遥、橘建吾】

 伊方1号機は、出力56・6万キロワットの加圧水型軽水炉で、1977年9月に運転を開始した。運転延長するには、期限の1年前の今年9月までに原子力規制委員会に申請する必要があり、判断を迫られていた。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです