メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・気象・防災

速い「融雪型火山泥流」 広範囲に甚大被害

 雪の積もった火山が噴火すると、熱で溶けた雪が土砂を巻き込み、高速の泥流となって山麓(さんろく)を襲うことがある。「融雪型火山泥流」と呼ばれ、北国に火山の多い日本では警戒が必要だ。

 北海道中央部の十勝岳(2077メートル)ふもとの上富良野町草分地区。神社の一角に90年前に起きた融雪型火山泥流の被害を伝える石碑がある。刻まれているのは小説家、故三浦綾子さんの代表作「泥流地帯」の一節だ。

<泥流が釜の中の湯のように沸(たぎ)り、躍り、狂い、山裾の木を根こそぎ抉(えぐ)る。(中略)家が流れ…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです