メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

速い「融雪型火山泥流」 広範囲に甚大被害

 雪の積もった火山が噴火すると、熱で溶けた雪が土砂を巻き込み、高速の泥流となって山麓(さんろく)を襲うことがある。「融雪型火山泥流」と呼ばれ、北国に火山の多い日本では警戒が必要だ。

 北海道中央部の十勝岳(2077メートル)ふもとの上富良野町草分地区。神社の一角に90年前に起きた融雪型火山泥流の被害を伝える石碑がある。刻まれているのは小説家、故三浦綾子さんの代表作「泥流地帯」の一節だ。

<泥流が釜の中の湯のように沸(たぎ)り、躍り、狂い、山裾の木を根こそぎ抉(えぐ)る。(中略)家が流れ…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです