メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
組み体操事故

スポーツ庁「安全確認ない時は見合わせを」

組み体操のイメージ

 全国で事故が相次いでいる組み体操について、スポーツ庁は25日、安全性を確実に確認できない場合は実施を見合わせるよう求める通知を全国の都道府県教委などに出した。

 毎年、全国で8000件超の事故が起き、廃止や「ピラミッド」などで段数を制限する自治体もある。スポーツ庁の担当者は「事故はさまざまな状況で起きているのでこれなら大丈夫と線を引けるものではないし、一律に中止を求めるわけでもないが、実施するなら学校が責任を持って安全に十分配慮してほしい」と話している。

 組み体操には、ピラミッドのほか、肩の上に立って円塔をつくる「タワー」、肩車、倒立などさまざまな形がある。

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです