メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAL

整理解雇は有効 元客室乗務員逆転敗訴 大阪高裁

 会社更生手続き中だった日本航空から整理解雇された元客室乗務員の40代女性=大阪府=が、解雇無効などを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は24日、解雇を無効とした昨年1月の1審・大阪地裁判決を覆し、解雇は有効と判断した。佐村浩之裁判長は「解雇の基準は相当だった」とした。女性側は上告を検討する。

 高裁判決によると、日航は2010年9月27日、病欠日数や休職期間などに基づく解雇の基準案を提示。さらに11月、基準に該当しても9月27日までに職場復帰してい…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです