メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAL

整理解雇は有効 元客室乗務員逆転敗訴 大阪高裁

 会社更生手続き中だった日本航空から整理解雇された元客室乗務員の40代女性=大阪府=が、解雇無効などを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は24日、解雇を無効とした昨年1月の1審・大阪地裁判決を覆し、解雇は有効と判断した。佐村浩之裁判長は「解雇の基準は相当だった」とした。女性側は上告を検討する。

 高裁判決によると、日航は2010年9月27日、病欠日数や休職期間などに基づく解雇の基準案を提示。さらに11月、基準に該当しても9月27日までに職場復帰してい…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです