薬害エイズ和解20年

今も母、悲しみ癒えず…長男亡くし

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長男を亡くした母親は「薬害エイズは終わっていない」と語った=東京都千代田区で2016年3月16日、徳野仁子撮影
長男を亡くした母親は「薬害エイズは終わっていない」と語った=東京都千代田区で2016年3月16日、徳野仁子撮影

 非加熱血液製剤でHIV(エイズウイルス)に感染した血友病患者らが国と製薬会社に賠償を求めた薬害エイズ訴訟の和解から、29日で20年になる。だが、薬害禍で肉親を失った遺族の悲しみは癒えず、被害者は今も病と闘う。「薬害エイズは終わっていない」。原告団や弁護団は26日、東京都内で和解20周年記念集会を開催する。【古関俊樹】

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1483文字)

あわせて読みたい

注目の特集