猿人化石

「大地溝帯」東側で初の発見…京大チーム

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
発掘された成人男性の左尺骨近位部の化石、横の白黒は計5センチ=中務真人教授提供
発掘された成人男性の左尺骨近位部の化石、横の白黒は計5センチ=中務真人教授提供

 京都大大学院理学研究科の中務(なかつかさ)真人教授(自然人類学)らの国際調査チームは24日、約350万年前の猿人アウストラロピテクス・アファレンシスの歯の化石など4個を、ケニア・ナイロビ郊外で発見したと発表した。人類発祥とされる大地溝帯(大地の裂け目)の東側で猿人が見つかったのは初めてという。乾燥した大地溝帯でなく、湿地帯で確認され、猿人の環境適応能力の高さを示す発見という。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文738文字)

あわせて読みたい

注目の特集