メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災高速談合

飲食店で受注調整か…各社担当者から聴取へ

 東日本大震災で被災した高速道路の復旧工事を巡る談合疑惑で、舗装業者が入札前の2011年8〜9月、さいたま市内の飲食店で会合を開き、工事を割り振っていた疑いがあることが関係者への取材で分かった。24日に独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で大手8社を立ち入り検査した公正取引委員会も会合の事実を把握しており、各社の営業担当者らから事情を聴いて経緯を調べる方針だ。

 立ち入り検査を受けたのは、NIPPO(東京都中央区)▽前田道路(品川区)▽日本道路(港区)▽東亜道…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです