被災高速談合

飲食店で受注調整か…各社担当者から聴取へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で被災した高速道路の復旧工事を巡る談合疑惑で、舗装業者が入札前の2011年8〜9月、さいたま市内の飲食店で会合を開き、工事を割り振っていた疑いがあることが関係者への取材で分かった。24日に独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で大手8社を立ち入り検査した公正取引委員会も会合の事実を把握しており、各社の営業担当者らから事情を聴いて経緯を調べる方針だ。

 立ち入り検査を受けたのは、NIPPO(東京都中央区)▽前田道路(品川区)▽日本道路(港区)▽東亜道路工業(同)▽世紀東急工業(同)▽大林道路(千代田区)▽鹿島道路(文京区)▽大成ロテック(新宿区)の8社。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集