メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国学力テスト

過去問、宿題に 福岡の春休み、市内全校で導入も

 文部科学省が毎年4月に実施する全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の過去問題を素材にした宿題を春休みに出す動きが福岡県内で広がり、市内の全小中学校で導入する例も出てきた。試験を受ける新小学6年生と中学3年生が主な対象。教育委員会側は学力テスト対策を否定するが、学力の現状を把握するというテストの目的から外れる恐れがあるとの指摘も専門家から出ている。【柴山雄太、長谷川容子、馬原浩】

 八女市教委は今年の春休みから市内の全小中学校に、全国学力テストを素材にした宿題を出すよう提案した。市内では一部の小学校で少なくとも2、3年前から授業時間などに過去問を解かせており、一部の中学校も実施している。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです