メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 減損処理って何をするの?=回答・片平知宏

減損処理のイメージ

資産価値引き下げ お金の支払いなし

 なるほドリーマン君 大手商社の決算見通しの下方修正の原因が「減損処理(げんそんしょり)」だって聞いたけど、減損処理ってなにをするの?

 記者 企業が持っている資産を使って予想ほどもうかりそうになくなった場合、資産の価値を引き下げることが減損処理です。企業は土地や工場などの設備、油田などに投資して、これらを資産としてお金の流れを記録する帳簿(ちょうぼ)に載せます。思っていた以上に、お金を稼ぐことができなければ、この資産は投資した金額だけの価値がなくなることになります。その場合、将来この資産で稼ぐことができそうな金額まで価値を引き下げます。これが減損処理です。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです