ツキノワグマ

動物園のクマも冬眠からお目覚め 和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
冬眠から目覚めて、ひなたぼっこをするベニー=和歌山市の和歌山公園動物園で2016年3月25日、高橋祐貴撮影
冬眠から目覚めて、ひなたぼっこをするベニー=和歌山市の和歌山公園動物園で2016年3月25日、高橋祐貴撮影

 和歌山城内にある和歌山公園動物園の人気者で、昨年7月に「園長」に就任したツキノワグマのベニー(雌、推定22歳)が冬眠から覚め、約3カ月ぶりに姿を見せた。

 ベニーは人間ならば約90歳。昨年12月28日、例年より約10日早く冬眠に入り、わらのベッドで2日に一度、軽く食事をとる以外は寝て過ごした。春にな…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

注目の特集