トルコ拘束日本人男性

和歌山県警「ISと関連証拠ない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 トルコの治安当局に拘束され、国外退去となった和歌山県在住の20代男性について、和歌山県警は24日夜〜25日未明に任意で事情聴取し、現時点では「過激派組織『イスラム国』(IS)につながる客観的証拠がなく、犯罪の容疑性がない」と判断した。

 県警によると、男性は「日本での生活が嫌になった」などと話した。…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

あわせて読みたい

ニュース特集