メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試改革

新共通テスト、18年度試行

大学入試改革の新テスト案

文科省の専門家会議が最終報告

 大学入試の新制度の設計を進めていた文部科学省の専門家会議は25日、最終報告を取りまとめた。2020年度から導入する新共通テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」は18年度にプレテストを実施する。ただ、当初検討していた1年間に複数回実施する案は課題も多く、「新テストの枠組みを固めることが先だ」として当面見送ることとした。

 新テストの目玉である記述式問題の実施時期や科目など具体的な内容に関しては、技術的な課題がある上、専門家会議の委員間で意見の相違が埋まらなかった。このため実証研究などをして、17年度初頭に「実施方針」としてまとめる。

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 消えた家畜~技能実習生の闇 <下>シャワーはビニールテント ボルトを投げつけられ あるベトナム人実習生の告白

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. ホンダvs大阪ガス 第3日第1試合スタメン プレーボールは10時 都市対抗

  4. 覚醒剤減少も若者に大麻広がる 20代の検挙者が最多 犯罪白書

  5. ローマ教皇 新刊でウイグルの人権状況への懸念を初表明 ロヒンギャなどにも叙述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです