メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のヒット商品

最終回 日本企業の底力、健在 良いもの・安全なもの、潜在需要掘り起こし

 2013年4月から原則として週1回掲載した「日本発! 世界のヒット商品」は、現地に合わせた設計変更や「日本ブランド」をアピールして売り上げを伸ばす事例を紹介してきた。テレビや白物家電で「メード・イン・ジャパン」が世界を席巻した時代は過ぎたが、きめ細かい気配りで課題を解決する日本企業の底力はいまだ健在だ。連載を振り返って消費者の支持を受けた理由を分析し、次のヒット商品につなげたい。【横田恵美】

この記事は有料記事です。

残り1598文字(全文1796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです