メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のヒット商品

日本企業、複眼的に市場調査を TNC・小祝誉士夫社長に聞く

 海外の市場調査事業などを展開する「TNC」(東京都新宿区)の小祝誉士夫社長に、日本企業の海外戦略や世界市場の動向について聞いた。【聞き手・永井大介】

 Q 国内市場は人口減少などで縮小が予想される中、海外で稼げるかが日本企業に問われています。

 A 市場拡大が期待される新興国では、経済成長に伴い食生活が豊かになって生活習慣病も広がり、健康志向が強まっている。一部の国では少子高齢化の進展と、中間層や富裕層の拡大が同時に進み、子供の教育や老後に備えた投資が盛んだ。これらは、日本企業が国内で向き合ってきた課題でもある。従来は技術力やブランド力で優位を保ってきたが、今後は、国内の課題に向き合ってきた成果も「輸出」できるようになった。すでに老人ホームや学習塾で現地に進出している企業もある。

 Q 新興国市場は今後、どう変化しますか。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです