メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

手紡ぎの風合い守るツイード 日本ホームスパン(岩手県花巻市)

 <ファッションの匠(たくみ)>

 「ホームスパン」は手紡ぎという意味で、主に羊毛を使った手織り生地のことを指す。今も手紡ぎの文化が残る岩手県で、日本ホームスパンは仏有名ブランドに長年、上質なツイード生地を提供してきたことで知られる。手紡ぎできる糸は1日わずか1.5メートル。入社31年の菅野美貴子さん(55)は「練習したからうまくなるわけでなく、勘が勝負」といい、両手をリズミカルに動かす。手織りで作れる生地も1日にジャケット1着分と少ない。

 岩手では明治時代初期、農家の副業として牧羊が始まり、スコットランドから織り機などを一式、輸入したことでホームスパンの技術が根付いた。同社は1955年に創業。第二次世界大戦後、復員兵が払い下げの羊毛で起こした織物会社を引き継いだ。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. クックパッドニュース お肉がほろほろ美味に!“舞茸パワー”で絶品おかず

  4. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  5. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです