メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションの匠

手紡ぎの風合い守るツイード 日本ホームスパン(岩手県花巻市)

 <ファッションの匠(たくみ)>

 「ホームスパン」は手紡ぎという意味で、主に羊毛を使った手織り生地のことを指す。今も手紡ぎの文化が残る岩手県で、日本ホームスパンは仏有名ブランドに長年、上質なツイード生地を提供してきたことで知られる。手紡ぎできる糸は1日わずか1.5メートル。入社31年の菅野美貴子さん(55)は「練習したからうまくなるわけでなく、勘が勝負」といい、両手をリズミカルに動かす。手織りで作れる生地も1日にジャケット1着分と少ない。

 岩手では明治時代初期、農家の副業として牧羊が始まり、スコットランドから織り機などを一式、輸入したこ…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです