メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『幕末維新を動かした8人の外国人』=小島英記・著

 (東洋経済新報社・1836円)

大変動期乗り切った冷静な情報収集能力

 幕末維新期をあつかう物語は数多い。なかでも司馬遼太郎『竜馬がゆく』や『翔(と)ぶが如(ごと)く』などは広く親しまれ、また、島崎藤村『夜明け前』は歴史小説の最高傑作とよんでもいいほどである。

 これらの作品では、激しく揺れ動く社会のなかで生きる人々の姿態が描かれている。この大変革期がペリー来航以降の外圧によってもたらされたことは、誰にも異論はないだろう。だが、黒船やアームストロング砲の背後にいる外国人の生態については、その名前のほかは意外と知られていないのではないだろうか。笑うに笑えないことだが、日本語能力に傑出していたアーネスト・サトウなどは日系人と思っている人も少なくないはずだ。

 本書は、国内抗争にだけ目を向けていては見えてこない、もう一つの舞台裏に焦点をあてる。なかでも大きな…

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文2065文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです