メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

国民党主席に洪秀柱氏 対中国では統一志向

洪秀柱氏=国民党本部で2015年10月6日撮影

【台北・鈴木玲子】台湾・国民党は26日、1月の総統選惨敗で引責辞任した朱立倫前主席(54)の後任を決める主席選挙を実施した。即日開票の結果、前立法院副院長(国会副議長)の洪秀柱氏(67)が、主席代行を務める黄敏恵氏(57)らを退け初当選した。国民党主席に女性が就任するのは初めて。民進党の蔡英文主席(59)と共に2大政党のトップがいずれも女性となる。

 洪氏と黄氏の女性2人による事実上の一騎打ちだった。洪氏は、国共内戦に敗れた国民党と共に中国大陸から台湾に渡った外省人系で、中国との統一志向が強い。一方の黄氏は、中国大陸ではなく台湾を「本土」とみなす「本土派」と呼ばれる党内グループを代表する一人で、主席選は「非本土派」と「本土派」の争いとなった。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  4. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです