メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波被災

大川小を震災遺構に 石巻市長、校舎保存発表

大川小を訪れ、被災した校舎の前で遺族の話に耳を傾ける人たち=宮城県石巻市で2016年3月26日午後4時9分、佐々木順一撮影

 東日本大震災の津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の被災校舎について、亀山紘(ひろし)市長は26日、震災遺構として建物全体を保存すると発表した。記者会見で亀山市長は「震災の反省、教訓を伝えていくことが最大被災地、石巻市の使命。大災害時に被害を最小限に食い止めるよう、次世代に伝承する役割を担っていく」と保存の意義を説明した。

 北上川の河口から約4キロ上流にある大川小は、川や陸上を遡上(そじょう)した津波に襲われ、児童らは避…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文804文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです