ハンセン病

「今も差別」77% 療養所入退所者調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
緑豊かな多磨全生園=東京都東村山市で2015年5月28日、山田麻未撮影
緑豊かな多磨全生園=東京都東村山市で2015年5月28日、山田麻未撮影

 ハンセン病患者の強制隔離を定めた「らい予防法」の廃止(1996年4月)から20年になるのを前に、毎日新聞は療養所の入所者と退所者を対象にアンケートを実施した。法廃止後の周囲の状況については、入所者、退所者とも過半数が「ほとんど変わらない」と回答した。治る病気であるにもかかわらず全体の77%が「病気への差別や偏見がいまだにある」としており、社会の理解が十分に得られていないことがうかがえる結果となった。

 厚生労働省によると、13ある国立療養所の入所者は1644人(2015年11月末現在)。大半は病気が完治している元患者で、平均年齢は83・9歳(同年5月現在)と高齢化している。全国ハンセン病療養所入所者協議会によると、入所者の4人に1人が認知症だという。また、国が生活支援で支給する「給与金」を受け取っている退所者は1115人(15年末現在)。

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1348文字)

あわせて読みたい

ニュース特集