メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

外国人生徒、手厚くサポート 入試に配慮、日本語指導…神奈川県立相模原青陵高

草野教諭の指導で研修旅行の事前学習をする生徒たち=相模原市南区の神奈川県立相模原青陵高校で15日

 日本語を母語としない外国の子どもが増え続け、日本の高校への進学を希望する生徒は少なくない。しかし、入試での配慮や入学後の日本語指導には地域差が大きい。外国の子どもへの対応が進んでいるといわれる神奈川の県立相模原青陵高校(相模原市南区。全日制、単位制普通科)を取材した。

 ●個別対応授業

 「人情ってどういう意味だと思う?」「家族みたいな優しい心」

 3月中旬の「国語総合」の時間。中国、フィリピン、ボリビア出身の1年生5人が、一般クラスの生徒とは別…

この記事は有料記事です。

残り1870文字(全文2093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです