メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天文衛星

「ひとみ」通信途絶…姿勢異常で電力不足か

種子島宇宙センターから打ち上げられるH2Aロケット30号機=鹿児島県南種子町で2016年2月17日午後5時45分、津村豊和撮影(リモートカメラ使用)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、鹿児島・種子島宇宙センターから2月17日にH2Aロケット30号機で打ち上げたエックス線天文衛星「ひとみ」について、26日午後から電波の通信が途切れ、衛星の状態を確認できなくなったと発表した。何らかの原因で衛星の姿勢が異常になり、太陽光を十分に受けられず電力不足で通信不能になった可能性があるという。

 JAXAは27日、2003年11月のH2Aロケット6号機打ち上げ失敗以来となる、奥村直樹理事長をトップとする対策本部を設置した。JAXAは国内外5カ所の地上局を優先的にひとみに割り当て、復旧を試みる。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです