メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

今年の桜はキナ臭い?

咲き始めたソメイヨシノの花を見上げながら多くの人たちが歩く靖国神社周辺=東京都千代田区で2016年3月26日、竹内紀臣撮影

 花は桜。東日本大震災を経た今では、今年も桜をめでられるのは幸せだ、としみじみ思う。ならばせめて美酒とともに春の訪れを喜びたいが、憲法改正が永田町で真剣に語られる今年の春は、花の香りに何やらキナ臭さも忍び込む。花のお江戸で桜の名所を訪ねた。【吉井理記】

 ◆靖国神社

参拝の若者「やっぱり9条改正しなきゃ」

 ♪貴様と俺とは同期の桜 離れ離れに散ろうとも 花の都の靖国神社 同じ梢(こずえ)で咲いて会おう(同期の桜)

 1987年に亡くなった俳優、鶴田浩二さんの歌声を思い出す靖国神社(東京・九段)の桜は21日に開花が宣言された。ソメイヨシノなど約400本が境内で花を咲かせる名所だが、訪れたこの日は寒の戻り。チラホラ開いた桜が北風に吹かれていた。

この記事は有料記事です。

残り2495文字(全文2815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです