メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

速い、高い、すごい=冨重圭以子

アルベールビル冬季五輪のフィギュアスケートで2位に入賞、銀メダルを胸にスタンドの声援に手を振って応える伊藤みどり選手=1992年2月21日撮影

 まもなくフィギュアスケートの世界選手権が始まる。男子の優勝候補筆頭の羽生結弦選手、女子もメダル候補の宮原知子選手や浅田真央選手ら、日本勢は今回も活躍が期待できるメンバーがそろった。つい先ごろ、世界ジュニア選手権でも14歳の本田真凜選手が優勝した。

 男子も女子も、シニアもジュニアも、なんて、すごい時代になったものだ。その日本のフィギュアスケートをリードし、いや、世界レベルでも先駆的役割を担ったのが、伊藤みどりさんだ。

 先日、久しぶりに2人で会った。世界フィギュアについての話は、近日中に紙面化するけれど、よもやま話の…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです