メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホ

利用時間、皆で考えよう 小学校に条例で促す 兵庫県

え・かみじょう りえ

 兵庫県は4月から県内の公立全758小学校で、子どもたちが話し合ってスマートフォンの利用時間のルールを決めてもらう取り組みを始める。1日5時間以上使うなど依存症が懸念される児童もいるが、大人が禁止を求めるだけでは効果が薄いと判断した。県青少年愛護条例を改正して学校や家庭に「ルール」を作る努力義務を盛り込み、教室での議論に専門家を招く費用などを補助する。【井上元宏】

 ルールに「時間制限」を明記するよう求めた条例は、都道府県では初めて。4月1日に施行される。

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1193文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです